睡眠で子供と大人の身長を伸ばす方法

子供は睡眠の長さで身長が大きく異なると言っても大げさではないのです。

 

反対に大人は成長期が止まると個人差はあるものの身長が伸びません。

 

このテキストでは、睡眠の長さによって身長の伸びに影響が出る子供の睡眠について突き詰めて紹介していきます。

 

この文章を読めば以下の2つの情報がわかります。

 

・身長を伸ばすのに成果的な子供の睡眠の長さの判断基準
・身長をできるだけ伸ばすための睡眠の質を高めるテクニック

 

大人は睡眠によって身長の伸びに大きく差が出る事はないのですが、成長期が止まってからも身長を伸ばすメソッドはあります。

 

大人で自らの身長を伸ばしたい人はこの文章内の「成長期が止まった大人が身長を伸ばす手段」を参照ください。

 

 

子供の身長アップは睡眠中の成長ホルモンをいかに分泌させるかが鍵

子供の身長の伸びを左右するのは身長を伸ばすためのカルシウムやタンパク質などのバランスの良い栄養素を多く含んだ食事や睡眠、運動などの暮らしの習性や、遺伝など色々な要因があります。

 

中でも成長期の我が子の睡眠の取り方によっては未来の身長が大きくもなるし小さくもなるわけです。

 

睡眠が子供の身長を伸ばすのに大きく関わる訳は、背が伸びるのは寝ている間に分泌される成長ホルモンの働きが大きいからです。

 

身長が伸びるのは骨と骨のつなぎ目関節のところにある骨端線という軟骨が伸びていく事によって背が伸びていきます。

 

脳の中の脳下垂体から分泌される成長ホルモンが、骨を伸ばし身長を伸ばしていく骨端線に働きかけ、骨端線の軟骨ところを増殖させる働きがあるんです。

 

成長期の成長ホルモン分泌のピークは、男性、女性で若干移り変わりますが生まれた直後と11歳から13歳くらいまでの2回あります。

 

成長ホルモンは歳をとると分泌量が減少していくだけでなく、成長期が終わると骨端線がなくなってしまうためそれ以上身長が伸びなくなってしまうんです。

 

つまり、一番背が伸びやすい成長期のタイミングで、ちゃんとした睡眠を取っておく事が今後の身長を伸ばすために、大きな影響を与える極意だという事です。

 

子供の身長を伸ばすために成長ホルモンを多く分泌させるための睡眠において可能な対策は以下の2つです。

 

・睡眠時間の確保
・睡眠の質を高める

 

以下で、年齢ごとに必須な睡眠の長さと睡眠の質を高めるテクニックについて見ていきます。

 

 

背を伸ばすために重要な子供の年齢ごとに必要な睡眠時間

身長を伸ばすための年齢ごとに取らなければいけない睡眠時間は異なります。

 

生まれてから6歳までの幼児期は10時間の睡眠は必須です。

 

幼児期から小学生までがより身長が伸びやすい期間なので、この頃合に充分に睡眠は確保してやりたいところです。

 

人によっても個人差がありますが、中学生から高校生くらいまでの思春期も9時間から10時間寝れるといいですね。

 

高校生以降は、9時間は睡眠を確保したいところです。

 

とはいっても断っておきますが目指す形であって、このタイミングは成長ホルモンに加えて身長を伸ばす働きのある性ホルモンが分泌されます。

 

それにより睡眠が少なくても身長は伸びていきますが、より身長を伸ばしたいのであれば睡眠時間にも気を配りましょう。

 

高校生くらいまでは睡眠時間は多く取りたいが、現代の子供はiPhoneやテレビ、ゲームなどの影響で7時間から8時間程度と睡眠がどんどん短くなっているという研究データもあります。

 

平均身長の低い日本人ですが、日本人より平均身長の高い欧米人は平均の睡眠時間が日本人よりも長いんです。

 

日本人の方が平均身長が低いのは、外国よりも平均睡眠時間が短いのも関連性があると言えるでしょう。

 

 

子供の睡眠の質を高め成長ホルモンの分泌量を多くする方法

骨を伸ばす骨端線に働きかける成長ホルモンを多く分泌させるためには、いかに深く質の高い眠りをするかが大事になってきます。

 

理由を言えば、眠りが浅く質が低い睡眠をとると成長ホルモンの分泌量が大幅に減るからです。

 

成長ホルモンの分泌が減少する浅い眠りはレム睡眠といいます。

 

レム睡眠は覚えておかなければならない記憶や忘れる記憶などの片付けで、この間は脳が休まっていない状況です。

 

一方、眠りについてから3時間までの間に脳が休んでいる状況のノンレム睡眠と言う深い眠りになります。

 

はじめの3時間までに成長ホルモンの分泌が多く、以降は3時間ごとに減少しながらピークを迎えていきます。

 

そのような、質の高いノンレム睡眠をとるには寝る前の行動が大事となります。

 

質の高い睡眠をとるための寝る前に行うべき4つの対策や留意点について以下で突き詰めて紹介していきます。

 

・寝る前の食事に気をつける
・寝つきを悪くするiPhoneやPCの画面に配慮する
・寝る前にお風呂に浸かり体を温める
・すぐに寝付きやすくするために、リラックスした状態を作る

 

以下でひとつずつ紹介していきます。

 

寝る前の食事に気をつける

骨を伸ばす働きのある成長ホルモンを多く分泌させるために、寝る前の食事で気をつけなければいけないのは以下の3点です。

 

・寝ている間は体を休めるために空腹にしておく
・就寝の2時間前にご飯を済ませる
・就寝中も内臓に負担をかける脂っこい料理を避ける

 

寝る前に脂っこい料理を食べてから直ちに寝ると、消化のために就寝中も胃や腸が働かなければならず、睡眠時の成長ホルモンの分泌量に影響します。

 

読者の人も経験あるかと考えますが、前日の寝る前に重い食事をとる事で、寝ている間にも消化のために内蔵が働き体が疲れてしまうんです。

 

実のところ、前日の夜にラーメンなどの重い食事をした時は、決まって朝起きるのが遅くなったり、目が覚めても布団から出られないなどの経験をしました。

 

これは、寝ている間も胃や腸などの内蔵が消化のために休まる事もなく働き、結果的に体が休まっていない事の証拠です。

 

なお、睡眠時にお腹がいっぱいよりもお腹が空いている方が、体が充分に休まり成長ホルモンも多く分泌されます。

 

それにより、就寝の2時間前にはごはんを済ませ、お腹を空にした状況で寝ると成長ホルモンの分泌量を増やせるんです。

 

塾や習い事などで夜遅くにご飯を食べなければいけない人は、脂っこいラーメンや焼肉などは避け、消化にいいうどんや豆腐、納豆、お茶漬け、お味噌汁などの内蔵に負担のかからない食事をこころがけましょう。

 

寝つきを悪くするスマホやパソコンの画面に注意する

寝る前にiPhoneやPCなどの液晶画面を見ると、質の高い睡眠を妨げ成長ホルモンの分泌に影響します。

 

それにより、子供が寝る前は極力スマートフォンやPCの液晶画面などを避けるようにしてください。

 

iPhoneなどが発するブルーライトには、睡眠を誘発するメラトニンというホルモンの分泌を抑えてしまう働きがあります。

 

メラトニンは夜になると分泌され体に夜が来た事を教える体内時計を初期化させる働きがあるんです。

 

このメラトニンによって体が夜になった事を感知します。

 

メラトニンは眠くなる2時前くらいから分泌されスタート出来ます。

 

寝る前にiPhoneやテレビや電気などの光を浴びてるとメラトニンの分泌が減少し眠りが浅くなってしまいます。

 

それ故、就寝2時間前にはメラトニンの分泌を高めるためにスマートフォンやテレビゲームなどを控えるようにしましょう。

 

そして、個室の電気や光は全部なくし、子供の睡眠の障害をしない事も大事です。

 

寝る前にお風呂に浸かり体を温める

人間が眠くなる時は、体温が下がります。

 

なので、寝る前から逆算して30分前くらいにお風呂の湯船に浸かる事で体温を上げ眠気を誘いやすくする事ができます。

 

人間の体は、眠っている間に体温が下がる事で体を休める事ができます。

 

それ以外、寝る前には体の表面ではなく内面の中心の深部体温を下げる事がスムーズな睡眠につながります。

 

だからといって、わざわざ体を冷やすのは良くないので、睡眠の30分くらい前にお風呂の湯船に浸かる事で体の体温を上げぽかぽかになります。

 

そこから、30分程度をかけて徐々に体温が下がる事によって深部体温も下がり眠気が現れます。

 

それにより、子供に寝せたい時から逆算してお風呂の湯舟につかって体を温める事で、体温が下がったころに眠気がくるようにすり合わせできます。

 

体を寝つきやすくするためにリラックスした状態を作る

日中の活動的な状況ではなく、寝る前には精神と体とともに疲れて寝れる状況を生み出さなければいけません。

 

それにより、我が子の睡眠の質を高めるには寝る直前に怒るなど興奮させるような事は避けましょう。

 

人間の体は日中の活動を維持したり、緊張状況にあるような時には交感神経が優位に働いています。

 

一方、夜など寝る前の気分的にも落ち着いた状態に働くのが副交感神経といいます。

 

寝る前に活動的な交感神経が優位に立ってしまうと、脳が興奮した状況になり寝つきが悪くなるきっかけとなってしまいます。

 

それ故、寝る前には音楽をかけたり読書やストレッチをしたり、極力息抜き可能なような環境を作ってあげ副交感神経を優位にさせてあげましょう。

 

 

成長期が止まった大人が身長を伸ばす方法

睡眠は我が子だけでなく大人にも大事です。

 

人によって個人差もあるため二十歳を超えても身長が伸びる人はいるようですが、成長期が止まった大人はどんだけ良質な睡眠をとってもなかなか身長は伸びません。

 

ただ、睡眠における疲労の回復や、分泌される成長ホルモンは成人の健康にも大事な役割を果たします。

 

それ故、このテキストで紹介した睡眠の質を高める手法は健康にもつながるのでポイントにしてください。

 

おっしゃる通り成長期が止まった大人だと睡眠によって身長を伸ばす事は手を焼きますが、骨盤矯正によって身長を2〜3センチほど伸ばす事はできるです。

 

身長の伸びが止まった大人でも身長を伸ばすトレーニング技術について細かいところまで知りたい方は以下の文章を参照ください。

 

 

上嶋式3ステッププログラムの教材を購入したのでネタバレ

 

実際にこのサイトで身長アップトレーニングを実践した体験談を掲載してあるのでそちらもご覧ください。

 

上嶋式3ステッププログラムを1ヵ月実践して2.2c伸びた

 

上嶋式3ステッププログラム体験レビュー3ヶ月の実践を終えた結果

 

1か月間の身長アップ↑モデル伸長法体験レビュー

 

関連記事

低身長に悩み身長アップ↑モデル伸長法の購入に悩んでいる方へ
身長を伸ばすサプリメントと身長アップ効果
骨盤の歪みを直せば身長が伸びる
遺伝で身長が伸びないはウソ!?身長をできる限り伸ばす方法
1日7分で姿勢も良くなり身長アップ!ミラクル姿勢改善術