身長を伸ばすのに必要なタンパク質

カルシウムを多く摂取すると身長を伸ばすのに影響的だと言われています。

 

ですが、身長を伸ばすのにナンバーワン必須な栄養素はタンパク質なんです。

 

このテキストでは、タンパク質についての以下の情報がわかります。

 

・タンパク質の役割・タンパク質を多く含む食品
・タンパク質のベストチョイス摂取量

 

この文章を読めば、身長を伸ばすのに必須なたんぱく質を、どの食品からどれだけ摂取すればいいのかがわかります。

 

 

カルシウムでは身長は伸びない

息子の身長を伸ばすにはカルシウムと言われていますが、これは誤りです。

 

カルシウムには骨を頑丈にはしますが、背を伸ばす成果はないのです。

 

カルシウムは骨を強くする働きがあるので積極的に摂取やりたい栄養素ですが、これだけでは背が伸びないのです。

 

背を伸ばすためには、十分なタンパク質が欠かせません。

 

タンパク質は骨の土台や成長ホルモンの原料になるなど、背を伸ばす原動力になります。

 

更に多くのお子様が大好きな肉や魚、卵、牛乳、大豆製品、豆類など、多くの美味しい食品にタンパク質は多く内蔵されます。

 

一方で、タンパク質が多く内蔵される材料には、アレルギーを起こしやすい材料が多々あるという問題もあります。

 

 

タンパク質の発展急上昇への役割

タンパク質の身長膨れ上がるへの役割は以下の2つあります。

 

・成長ホルモンを分泌させる役割
・骨の土台を完成させる役割

 

成長ホルモンを分泌させる役割

タンパク質は、体を製作する具材です。

 

動物も植物も、この星に生きる生物のボディーはタンパク質で作られています。

 

皮膚や内蔵だけでなく、血液やホルモンもタンパク質が主成分です。

 

人体の20%はタンパク質と言われています。

 

成長ホルモンは、体内に取り込まれたタンパク質を分解した分子、アミノ酸を原料に作られます。

 

脳の下にある脳下垂体というところで成長ホルモンは作られ、眠っている間に大量に分泌されます。

 

「寝る子は育つ」というのは、科学的にも正しいのです。

 

成長ホルモンは成長期の骨(軟骨の骨端線)に働きかけ、細胞分裂を促します。

 

細胞分裂を反復する事で骨はどんどん発展し、やがて身長も伸びる・・・これがレベルアップ期に背が伸びる仕組みです。

 

タンパク質が足りないと、成長ホルモンを作り出す事が面倒になります。

 

骨の土台を生み出す役割

タンパク質は体の全てのものを作ります。

 

骨も、タンパク質があって初めて伸びます。

 

成長ホルモンに細胞分裂を促された骨端線の中には、骨の元になるタンパク質(アミノ酸)が大量に集まります。

 

集まったタンパク質を原料に細胞はどんどん分裂増殖し、骨の土台が形成されます。

 

ここにカルシウムやリンなどが付着し、硬くしなやかな丈夫な骨が仕上げします。

 

レベルアップ期の骨は成長ホルモンのシャワーを浴びる限り、細胞分裂を繰り返してどんどん進化します。

 

骨を伸ばすためには、タンパク質を適量食べる事が大切です。

 

 

タンパク質を多く含む食品

タンパク質は生物の体を生み出す基礎です。

 

それ故多くの食品に内蔵されています。

 

タンパク質を含む食料品として肉や魚を思い浮かべる事が多々あるですが、お米やパンなどにも内蔵されています。

 

タンパク質を最小刻みまで詳細に分解したものを「アミノ酸」と呼びます。

 

自然界には無数のアミノ酸が影響しますが、人体はこのうち20種類のアミノ酸で作られています。

 

アミノ酸には体内で合成可能なものと、外から取り込まないといけないものがあります。

 

食べて摂取しないといけないアミノ酸は「不可欠アミノ酸」といい、なくてはならない影響です。

 

この不可欠アミノ酸のバランスを示す数値を「アミノ酸スコア」と呼び、数値が100に近ければ近いほどバランスが良いと言われています。

 

タンパク質には動物性、植物性がありますが、動物性タンパクのアミノ酸スコアは100が多々あるのに対し、植物性タンパクは31?82と数値が落ちます。

 

日本では江戸ご時世中期から肉食を控える文化がありました。

 

それ故、このポイントだけ平均身長が低く抑えられていました。

 

そのような中でも薩摩藩などは豚をよく食べていたため、他の藩に比較して体格が良かった人が多かったという話も残っています。

 

背を伸ばすためには、水準を満たすまでの動物性タンパク質を摂取すると良いでしょう。

 

とは言っても肉や卵ばかり食べていたら健康を損ねます。

 

植物性タンパク質は若干アミノ酸スコアが劣るものの消化しやすく、体の負担になりにくいというメリットがあります。

 

植物性タンパク質はよけいな脂肪も控えめで、他にも色々な効能が見込みできます。

 

動物性も植物性もバランス良く頂きましょう。

 

動物性タンパク質

牛、豚もも肉鶏ささみ、むね肉(皮なし)牛肉加工品(コンビーフ、ビーフジャーキーなど)鴨、鯨の赤肉魚(カツオ、鮭など)魚卵(どんだけ等)イカ、エビ、二枚貝たまご乳製品動物性タンパク質の中でも皮なし鶏の胸肉は、100gあたりタンパク質を24.4gも含む一流食品です。

 

魚介類もカツオは25g、鮭は22.3gと、肉に匹敵するタンパク質の含有量を誇示します。

 

他の魚も特殊なもの(あんきもなど)を除けばタンパク質を豊富に含みます。

 

生の魚は調理が手を焼くので、缶詰や加工品なども利用し、理不尽のない範囲で頂きましょう。

 

乾かすさせた魚、乾かす肉などは、特にタンパク質の含有量が上がります。

 

けれども、煮干しを一度に100g食べると塩分が多すぎて病心配になりかねません。

 

煮干しを理不尽して食べると消化不良を起こすので、程々に留めましょう。

 

牛乳は水分があらかたなので、100gあたり3.3gしかタンパク質が内蔵されていません。

 

ただし、牛乳タンパクのカゼインは分子が小さく、腸から吸収しやすいという長所があります。

 

牛乳たんぱくを固めたチーズには、肉魚に匹敵する豊富なタンパク質を含みます。

 

おやつにもなるので、わずかづつ頂くと良いでしょう。

 

タンパク質は消化吸収が困難な栄養素なので、数値だけ見ると偏りが生じる事があります。

 

タンパク質の数値に振り回されずに季節のものを、程よくに摂取する事を心がけましょう。

 

植物性タンパク質

大豆製品高野豆腐、きな粉、いかり豆(フライドビーンズ)、湯葉、油揚げ、納豆、がんもどき等大豆は近頃まで、東アジア以外では積極的に食べられる食料品ではないのですでした。

 

大豆は消化が手に負えなく、茹でただけでは大量に食べる事ができないためです。

 

それにより日本では豆腐や豆乳、味噌、醤油など加工品にして食べています。

 

中国でも豆腐はよく食べられ、トウチー(豆を完全に発酵させた調味料)など調味料も諸々です。

 

特に、納豆は発酵しているので消化吸収しやすく、骨のランクアップを促すビタミンKを多く含みます。

 

理不尽して食べるのはお勧めしませんが、納豆が不得意でなけば、可能なだけ定期的食べましょう。

 

小麦たんぱく

小麦粉にはグルテンというタンパク質があります。

 

このグルテンの含有量の相違で風味が異なります。

 

グルテンが少ない薄力粉、多々あるのが強力粉です。

 

小麦グルテンは消化しやすく、精進料理では肉の代わりに使用する事もあります。

 

小麦グルテンを整形して焼いたものが、焼き麩です。

 

乾かす焼き麩100gあたり、28.5gのタンパク質を含みます。

 

煮込み用の巨大な焼き麩もあります。

 

味噌汁の具だけでなく、煮付け、水で戻してチャンプルーなどの炒め物、砕いてパン粉の代わりなど、たくさんと使用する事ができます。

 

低カロリー高タンパクで、カロリー過多にならない事も長所です。

 

この他にも海草類(焼き海苔、あおさ海苔)、落花生、ごま、カシューナッツ、アーモンド、ピスタチオもタンパク質を豊富に含みます。

 

特にピーナツは100gあたり20g以上の豊富なタンパク質を含み、肉や魚に匹敵します。

 

ピーナツを砕いて練ったピーナツバターもお勧めです。

 

 

身長を伸ばすためのタンパク質の1日の摂取量

必須なタンパク質は年齢や男女の差により大きく移ろいます。

 

一般的の暮らしなら1日に体重1キロにつきタンパク質1gが指標と言われています。

 

ただし幼児期から青年期ごろまでは、身長膨れ上がるのためにより多くタンパク質を摂取する不可欠があります。

 

乳児は35g、幼児(3?5歳ほど)で45g、6?8歳で55?60g、9?11歳で65?75g、12?14歳で70?85gほどのタンパク質が不可欠です。

 

以降は体重で計算します。
(最大限量は15?17歳で1日タンパク質80gほど、成人は70gほど)

 

 

タンパク質のバックアップの役割があり、共に摂取やりたい栄養

タンパク質は分子が大きく、消化吸収するまでに多大なエネルギーが必須です。

 

タンパク質を分解する酵素に「プロテアーゼ」があります。

 

タンパク質の消化吸収をアフターケアする大事な影響です。

 

酢豚を用意する事例に生のパイナップルを入れるのは、パイナップルにプロテアーゼが内蔵されているためです。

 

プロテアーゼの働きで豚肉が柔らかくなります。

 

固い牛肉にキーウィのすり下ろしを混ぜると、繊維がほぐれて柔らかくなります。

 

麹菌や納豆菌も、プロテアーゼを生成します。

 

味噌や醤油、甘酒、納豆などを程よくに摂取すると良いでしょう。

 

果物にも内蔵され、パイナップル、キーウィ、イチジク、パパイヤを食べるのも良いでしょう。

 

ビタミンB類もタンパク質の分解に関わる栄養素です。

 

特に、ビタミンB6は腸内でタンパク質をアミノ酸まで分解する作用があります。

 

まぐろ、かつお、鶏の胸肉などに多く内蔵される栄養素です。

 

やはりタンパク質から吸収したアミノ酸も、体内で構成しなければ役に立ちません。

 

体内のアミノ酸をコラーゲンという組み合わせ細胞に据え付けるのに必須なのが、ビタミンCです。

 

コラーゲンは骨の土台になる肝心なタンパク質です。

 

野菜や果物に豊富に内蔵されるので、毎食適量食べるのがお勧めです。

 

 

身長アップサプリメントなら、タンパク質と共に摂取すると成果的な成分まで手っ取り早くに摂取可能

タンパク質を食事だけでパフォーマンス的に摂取するのは、以外と大変です。

 

肉も魚介類も水分があるので、摂取しているように見えて想像以上に摂取量が足りない事も少なくないのです。

 

タンパク質が十分でも、アフターケアする栄養素が不足すると応用できなくなります。

 

身長アップサプリメントを摂取すると、不可欠な栄養素をパフォーマンス的に摂取できます。

 

いつもの食生活のアフターケアとして使用すると、大きな身長膨れ上がる成果が望みできます。

 

身長アップサプリメントは、毎日の食生活で足りないぶんを補う働きがあります。

 

巧妙に使って身長膨れ上がるを目指しましょう。

 

以下のページで詳しい身長アップサプリメントの影響と身長アップサプリランキングを掲載しているのでポイントにしてください。

 

身長を伸ばすサプリメントと身長膨れ上がる成果