マシュマロを食べて身長を伸ばす方法

白くてフワフワした砂糖菓子マシュマロ。

 

マシュマロの好き嫌いはあるものの、みんな一度は食べた事はあるでしょう。

 

男性なら、ホワイトデーのお返しなんかでマシュマロを女子に渡した経験もあるのでは?

 

実は、このマシュマロで身長が伸びるという噂があります。

 

にわかに信じがたい話ですが、マシュマロで現実に身長が伸びるのでしょうか?

 

このテキストでは、マシュマロで背が伸びる訳と、身長を伸ばす影響を発揮する量、副作用についてお伝えします。

 

 

マシュマロで背が伸びる要因

マシュマロで背が伸びる要因の前に、最初にマシュマロの原料を見てみましょう。

 

・卵白
・粉砂糖
・ゼラチン
・水
・コーンスターチまたは澱粉(表面をコーティングするもの)

 

安価なマシュマロは、卵白の代わりに大豆たんぱくや増粘剤を使っている事もあります。

 

ここで注意したいのは、マシュマロに内蔵されるゼラチンです。

 

ゼラチンの原料は、たんぱく質の一種でコラーゲン。

 

ゼラチンは動物の腱や皮、骨などから抽出されたものです。

 

実を言えば、身長を伸ばすために大切なのは、たんぱく質。

 

カルシウムを摂取すれば良いと考えてしまいますが、それだけでは足りないのです。

 

当然カルシウムもとても大事な栄養素ですが、ゼラチンに内蔵されるたんぱく質なども併せて摂取する事が身長を伸ばすのに大事です。

 

 

子供はマシュマロを食べれば身長が伸びやすくなる

成長ホルモンは、たんぱく質を摂取する事で生成、分泌されます。

 

まだ骨端線があり、成長期の子供ならマシュマロを食べると身長が伸びる見込みはあります。

 

今の時代はずいぶん改善されていますが、日本の食事は炭水化物が中心で、たんぱく質は少な目。

 

「主食」というコンセプトがあるほど炭水化物至上主義です。

 

程よい量の炭水化物も必須ですが、成長期は努めてたんぱく質を摂取すると良いでしょう。

 

今現在は廃れていますが、そもそもマシュマロはウスベニタチアオイという植物の抽出物と、ハチミツで作られていました。

 

ウスベニタチアオイという植物の抽出物には、咳止め成果があると言われ、のど飴として食べられていたようです。

 

伝統的なマシュマロには、たんぱく質はおおかた内蔵されていません。

 

伝統的なマシュマロは、滅多に食べる機会はないと考えますが、念のためご用心下さい。

 

 

成人はマシュマロでは背は伸びない

心残りながら、成長期が過ぎた大人は背が伸びる元の骨端線が固まってしまい、マシュマロをたべてもこれ以上背を伸ばす事はできません。

 

骨端線が固まってしまうと、成長ホルモンをどんだけ浴びても身長は伸びないと言われています。

 

けれども、成長ホルモンは生涯分泌されます。

 

成長ホルモンは、代謝の促進など健康に欠かせないホルモンなので、元気に生活するためには欠かせません。

 

何とぞ成長ホルモンを分泌する暮らしを心がけましょう。

 

 

1日に何個マシュマロを食べれば身長急上昇に良いか

マシュマロはメレンゲ(卵白を泡立てたもの)でカサ増ししているおやつです。

 

マシュマロは少ない原料でいろいろ製作する事ができます。

 

反対に言えば、1粒のマシュマロの中には、ごくわずかなコラーゲンしかないのです。

 

仮にマシュマロだけで1に必要なたんぱく質を摂取するなら、約3kgも食べないといけません。

 

一般的な大きさのマシュマロなら300個も食べなければいけません。

 

正直なところ、マシュマロで身長を伸ばすには、1日にかなりの量を食べなければいけないため現実的ではないのです。

 

マシュマロは「補助的にたんぱく質を摂取可能なスナック」として捉えたほうが良いでしょう。

 

それでは、1日の適正なたんぱく質の摂取量はどれくらいでしょうか。

 

厚生労働省の定める方針では、成長の息子(10〜11歳)なら50g、それ以降は男子が60〜65g、女子が55gをお薦めしています。
(女子は18歳以降は50g)

 

マシュマロを食べるよりも、お肉や魚、乳、豆製品などを食べるほうが、よりパフォーマンスよくタンパク質を摂取できます。

 

豆腐は水分ばかりで予想以上にたんぱく質が少ないので、高野豆腐など乾かした加工品がお勧めです。

 

高野豆腐はカルシウムも豊富に含み、カロリーも低いので身長を伸ばしたい人は食べておきたい食品です。

 

高野豆腐は、粉にしてハンバーグなどに混ぜたり、パン粉代わりに使っても美味しいです。

 

牛乳は、てっとり早く栄養素を摂取可能なのでベストです。

 

牛乳の過剰摂取はあまり良くないという説もあるので、適量の摂取(コップ1杯ほど)がベストです。

 

 

副作用はない?マシュマロの健康への影響

マシュマロはスナックなので砂糖が多く、食べ過ぎると肥満の元になります。

 

マシュマロを食べて、血糖値が高いまま眠ると成長ホルモンの分泌を厄介するので、身長を伸ばす妨げになります。

 

マシュマロは、嗜好品の一つとして考慮し、昼間に適量食べる程度に留めましょう。

 

マシュマロを食べ過ぎると、虫歯になるおそれもあるので、我が子にはあまりおすすめできません。

 

歯磨きする習性を付けて、安心してマシュマロを食べましょう。

 

 

身長を伸ばすには、マシュマロではなく、身長アップサプリやヨガによる骨盤矯正がイチ押し

大人になっても身長を大きく伸ばすことはできます。

 

ゆがんだ骨盤を正す「骨盤矯正」は、身長を伸ばすのにも有効です。

 

特に女性がやりがちですが、横座りやぺたんこ座りは骨盤を歪ませるきっかけです。

 

足を組んだり、片側にばかり焦点をかけるのも良くないのです。

 

ヨガを行うと、骨盤を正しい位置に戻し、維持する事ができます。

 

ヨガ教室に通うのがあるべき姿ですが、教材などで我が家で手っ取り早く行う事もできます。

 

ヨガは自然に骨盤底筋を鍛え、姿勢矯正にも役立ちます。

 

成長期の息子であれば、身長アップサプリも推奨です。

 

パフォーマンスよく身長を伸ばすのに不可欠な栄養素を摂取可能なので、ふだんの食事で不足しがちな栄養素を、身長アップサプリがアフターケアします。

 

マシュマロで身長を伸ばすのは困難なですが、よりパフォーマンスの良い方法はふんだんにあります。

 

これらを応用して身長を伸ばすのを目指しましょう!

 


>>成長期が過ぎても身長を伸ばすメソッドはコチラ