いりことにぼしを食べて身長が伸びるのか?

昔の「両親が子供に与えるオヤツ」の代表は、にぼしやいりこです。

 

子供にとっては、おやつがにぼしやいりこなのはあまりうれしいことではありませんが、今の時代は無塩の食用ソフトにぼしが提供され、ずいぶんと食べやすくなりました。

 

特に、関西では「いりこだし」がよく使われます。

 

関西生まれなら、いりこの頭や内蔵を取る手伝いをさせられた経験があるのではないでしょうか。

 

関西ではいりこやにぼしをダシだけでなく、味噌汁の具材として入れる家庭もあります。

 

いりこ・にぼしといえば、「背が伸びる食品」の代表と言われています。

 

にぼしやいりこには身長を大きく伸ばすのに不可欠な栄養素が多く配合されています。

 

この文章では以下の4つの情報がわかります。

 

・いりことにぼしの栄養素と身長を伸ばす効果
・いりことにぼしの身長を伸ばすのにおすすめの摂取量
・いりことにぼしと一緒に摂りたい食品
・いりことにぼしを食べすぎによる副作用

 

 

いりこやにぼしの身長を伸ばすのに役立つ栄養素

「いりこ」「にぼし」の相違は何か?と思う方も多いでしょう。

 

その実、いりこやにぼしもどっちも同じもので、地方で呼び名が違うだけです。

 

カタクチイワシなどを塩水で煮て、乾かして作ります。

 

だいたい東日本では「にぼし」、西日本では「いりこ」と呼びます。

 

四国、香川県の讃岐うどんのダシは普通に「いりこだし」です。

 

直近でのいりこは、18世紀ごろに瀬戸内海で作られたのが開始と言われ、明治以降に全国各所で盛んに作られるようになりました。

 

大抵いりこは西日本で、ダシとして役立つされています。

 

にぼしは「煮干し」と記述するように、小魚を軽く煮て乾かしたもの。

 

いりこは「煎り煮干し」が語源と言われています。

 

いりこは、カタクチイワシの煮干しがもっとも名高いですが、アジやアゴ(トビウオ)、タチ、エソ、カマスなど多彩な魚から作られます。

 

ここでは、一般的なカタクチイワシのいりこ(にぼし)について解説します。

 

 

いりこ・にぼしの栄養素と身長急上昇成果

いりこやにぼしには、豊富なカルシウムが内蔵されています。

 

カルシウムは骨を頑丈にする大事な栄養素。

 

カルシウムがなければ、骨がスカスカになり骨折しやすくなります。

 

にぼしの主な栄養素は、以下の通りです。

 

(100gあたり)
タンパク質 6900mg
カルシウム 2200mg
ビタミンD 720IU
鉄分 18mg
タウリン 500mg
DHA 0.42mg
EPA 0.26mg

 

この他ににぼしには、リン、硫黄、マグネシウム、亜鉛、マンガンなど各種ミネラルが内蔵されています。

 

にぼしはタンパク質が豊富で、骨の土台を築くのに役立ちます。

 

骨はカルシウムで強化されますが、伸びる土台はタンパク質です。

 

成長期に成長ホルモンが骨に作用し、骨端線で盛んにタンパク質の土台が作られます。

 

この骨端線が伸びる事で骨が進化し、背が伸びます。

 

にぼしは、カルシウムの数値もとても高いのがポイントです。

 

ここで注意したいのは、にぼしに内蔵されるビタミンDです。

 

カルシウムは体内に取り込みにくいミネラルですが、ビタミンDと結びつく事で吸収しやすくします。

 

ビタミンDは天日で乾かしたにぼし・いりこに豊富に内蔵されています。

 

今の時代はおおかた機械で乾かしていますが、購買したにぼし・いりこを天日で乾かすだけでも、ビタミンDを生成可能だと言われています。

 

これだけ見ると、いりこやにぼしは背を伸ばす万能薬のように見えます。

 

ただし、いりこやにぼしを食べるだけでは身長が伸びることが約束されたわけではないのです。

 

にぼし・いりこはビタミンD以外のビタミン類がおおかた内蔵されていません。
(酸化防止のため、ビタミンEを添加したものもあります)

 

ビタミンD以外のビタミン類が内蔵されていないままではタンパク質を吸収しづらいのです。

 

どれだけにぼしやいりこを食べても、吸収できなければ栄養になりません。

 

いりことにぼしは、カルシウムの吸収という点では優れていますが、タンパク質を吸収するには力不足です。

 

にぼし・いりこを食べても、それだけでは身長を伸ばすとは限りません。

 

 

身長を伸ばすためにいりことにぼしを1日にどれくらい食べるといいのか?

いりこ・にぼしは大いにカルシウムが豊富です。

 

一般的な食用いりこなら、10匹も食べれば1日に必須なカルシウムを十分に摂取できます。

 

支障がなければ、無塩のソフトいりこを選択しましょう。

 

無塩のソフトいりこは、関西なら市販されていますが、提供していないケースはオンライン販売で手に入ります。

 

だし用にぼし・いりこは塩分が強く、固いのであまりお勧めできません。

 

よほど定期的に運動して汗を数多く流す子でない限り、塩分過多になります。

 

にぼし・いりこはあまり子供が好まない食品ですが、食べたがらない時は小さないりこ、ちりめんじゃこがお勧めです。
(釜揚げしらすでも可)

 

にぼしとちりめんじゃこは大きさが異なるだけで、原料も製法も同じです。

 

ちりめんじゃこは食べやすく、ごはんのふりかけや卵焼きの具材など、諸々な料理に使えます。

 

 

身長膨れ上がるのためにいりことにぼしと一緒に摂りたい食品

いりこ・にぼしの豊富なタンパク質を吸収し、体内で合成し直すためにはビタミンが必須です。

 

タンパク質の分解、吸収にはビタミンB6、吸収したタンパク質の再合成にはビタミンCが欠かせません。

 

何とぞ、以下の食品と組み合わせて、いりことにぼしを意識して摂取しましょう。

 

・野菜、果物全般
・鶏むね肉、ミナミマグロ、かつお、牛レバーなど

 

ビタミンCを多く含む食品

野菜、果物全般は特にビタミンCは果物に多く、柿、ネーブル橙などに豊富に含みます。

 

わずかで良いので、サラダや季節のフルーツを食べる習性を付けましょう。

 

水溶性ビタミンで、過剰なビタミンCは直ちに排出されます。

 

ビタミンCは、「食い溜め」ができないビタミンなので、新鮮な野菜や果物はできるだけ毎食頂きましょう。

 

ビタミンB6を多く含む食品

鶏むね肉、ミナミマグロ、かつお、牛レバーなどビタミンB6が豊富ですが、バサバサして美味しくないと敬遠されがちだった鶏むね肉ですが、このところは諸々な調理法で美味しく食べられるようになりました。

 

ミナミマグロやカツオは、ツナ缶の原料です。

 

カツオのツナ缶を使って洋風レシピを生み出すのも推奨です。

 

いりこやにぼしは食べ過ぎると副作用はあるのか?

にぼし・いりこは固く、消化しづらい食品です。

 

充分に噛んで食べましょう。

 

にぼし・いりこを食べ過ぎると、消化不良で腹痛を起こす事があります。

 

一般的なにぼし・いりこは塩水で煮るので、食べ過ぎると塩分過多になります。

 

 

いりことにぼしだけでなく、身長アップサプリメントもイチ押し

いりこやにぼしは身長を伸ばすのに貢献する優れた食品です。

 

ただし、いりこやにぼしだけで即、身長を伸ばすのに繋がるわけではないのです。

 

背を伸ばすためには、子供のご時世に適切な栄養を摂取し、よく遊びよく眠る事が必須です。
(睡眠時に成長ホルモンが分泌されます)

 

あれやこれやと食べあわせを思い描くのも大変なので、成長期の子なら身長アップサプリがイチ押しです。

 

身長アップサプリなら足りない栄養素を手軽に、バランス良く摂取できます。

 

ただし、身長アップサプリメントは「補助するもの」です。

 

足りない栄養素を支持する補助的なサプリメントす。

 

不規則な食生活をしていたら身長が伸びる成果が望めないので、最初に「暮らしを正す事」を意識しましょう。

 

身長アップサプリメントのランキングはコチラ