ヨーグルトを食べて身長を伸ばす方法

500gの大容量から子供向けのミニパックまで、色々なアイテムが提供されているヨーグルトは、評判の食料品です。

 

今の時代は水切りした濃いヨーグルトが好評で、低カロリーのアイテムも次々と売り出しされています。

 

ヨーグルトは、牛乳が原料なので、身長を大きく伸ばすのに成果的なたんぱく質やカルシウムがたくさん内蔵されています。

 

身長を大きく伸ばすのにもヨーグルトが良い影響があると言われていますが、ヨーグルトに現実に身長を伸ばす影響はあるのでしょうか?

 

このテキストでは以下の情報がわかります。

 

・ヨーグルトの身長への影響
・ヨーグルトの1日の摂取量
・ヨーグルトの食べ過ぎによる副作用

 

 

ヨーグルトの身長を伸ばすのに役立つ栄養素

ヨーグルトは栄養価が高く、タンパク質、脂質ともに少ないですが炭水化物が内蔵されています。

 

一般的なヨーグルトの1回分の量、小鉢1杯分の無糖ヨーグルト(120g)の栄養価と、主な栄養素は以下の通りです。

 

カロリー 74kcal
タンパク質 4.32g
脂質 3.6g
炭水化物 5.88g
カルシウム 144mg
カリウム 204mg
ナトリウム 57.6mg
ビタミンB2 0.17mg
マグネシウム 14.4mg

 

他にも微量ですがビタミンA、B1、E、D、パントテン酸、マグネシウム、リン、亜鉛、ヨウ素、セレン、モリブデンなどもヨーグルトには内蔵されています。

 

タンパク質は、骨の土台に欠かせません。

 

骨は骨端線からタンパク質の土台を組み上げ、そこにカルシウムを付けて伸びていきます。

 

タンパク質は成長ホルモンの原料にもなり、成長ホルモンの分泌を促す種類のタンパク質もあります。

 

骨を仕上げるためにはカルシウムが不可欠と思いめぐらす方が多いですが、カルシウムの作用は骨を頑丈にする事です。

 

骨を強くする力はありますが、伸ばす力はないのです。

 

十分なタンパク質を体内に取り込み、生成する事で背が伸びる原動力になります。

 

ヨーグルトをはじめ、牛乳や乳製品のタンパク質はカゼインです。

 

タンパク質は分子が大きく消化吸収しにくい特性がありますが、ヨーグルトに内蔵されるカゼインは分子が小さく、消化吸収しやすいタンパク質です。

 

やはり牛の子を育てるだけの飲み物と言えるでしょう。

 

ヨーグルトには栄養素だけでなく、乳酸菌も豊富に内蔵されています。

 

乳酸菌には強い酸性の乳酸を分泌して別の細菌を寄せ付けない力があり、腸内環境を改善し、栄養素のスムーズな吸収を促す成果が望めます。

 

腸内環境は健康と深く関わり、免疫力やアレルギー症状などと関連しています。

 

腸内環境を整えたら花粉症が軽くなった、という話もあります。

 

どれだけ優れた栄養素も、腸内から吸収できなければ活用できません。

 

ヨーグルトは豊富な栄養素に加え、乳酸菌まで共に摂取でき、身長を伸ばすのにも高い影響が望めます。

 

乳酸菌は乳糖を餌にして生きています。

 

乳糖は日本人には消化できない方が多く(乳糖不耐性)、牛乳を飲むと下痢を起こしてしまう人も多いのです。

 

乳酸菌のおかげで乳糖が減り、お腹がゴロゴロしづらくなります。

 

牛乳が飲めない方でも、ヨーグルトは食べられる事もあります。
(完璧に乳糖が無くなるわけではないので、中には下痢する事もあります。)

 

 

1日100〜120gのヨーグルトが身長を伸ばすのに成果的

ヨーグルトは体にいいからと言って、1日で500mgの大パックを平らげてしまう人もいます。

 

やはりこれは多すぎるので、いつもなら1日100〜120gほどで十分です。

 

ヨーグルトに砂糖を入れるとカロリーが上がりますが、支障がなければフルーツなど、ビタミンCを多く含む食品と一緒に頂きましょう。

 

ビタミンCは体内でタンパク質を作り直すために欠かせない栄養素です。

 

たとえ体にタンパク質を豊富に吸収しても、すぐには使えません。

 

ビタミンCなどの作用があって初めて、タンパク質が骨に変わっていくのです。

 

ヨーグルトに切ったフルーツを入れるのは、あるべき姿の食べ方です。

 

 

ヨーグルトの食べ過ぎによる副作用に用心

ヨーグルトは栄養価に優れ、乳酸菌も入った万能食に見えます。

 

ただしヨーグルトにも弱点が何個かあります。

 

冷たく、体を冷やしやすいのがヨーグルトの弱点です。

 

子供は体温が高いので冷たいものを好む性質がありますが、何事も限度はあります。

 

暖かい飲み物や食べ物と共にヨーグルトを食べる事で、水準を満たすまでの冷えはカバーできます。

 

ヨーグルトを普通に食べるのではなく、料理に使用するのも良いテクニックです。

 

カレーなどに加えて炊いても栄養摂取できます。

 

ヨーグルトの乳酸菌は死んでしまいますが、死骸も腸内にいる乳酸菌の餌になり、活性化を促します。

 

ヨーグルトを食べ過ぎると消化不良を起こして、下痢を起こす事もあります。

 

あまりヨーグルトを多く食べるとお腹が膨れて、食事が食べられなくなりがちです。

 

適量食べる程度に止めましょう。

 

普通のヨーグルトは脂質が多々あるので、食べ過ぎるとカロリー過多になります。

 

カロリーを抑えたいケースは、低脂肪のヨーグルトを選択しましょう。

 

牛乳アレルギーを引き起こす事があるので、お腹の調子が悪い時はヨーグルトを食べようとせずに、胃腸を休ませましょう。

 

 

ヨーグルトだけでなく身長アップサプリメントもイチ押し

ヨーグルトは栄養価が高く、身長を伸ばすのに欠かせない栄養素を豊富に含みます。

 

ただしヨーグルトに足りない栄養素もあり、これだけ食べれば背が伸びるわけではないのです。

 

それにより、ヨーグルトで足りない栄養素はサプリメントで補うのも一つの技術です。

 

身長アップサプリメントは「背を伸ばす」事を目的に配合されています。

 

骨端線がまだ軟骨の成長期なら、身長アップサプリで身長を伸ばす成果が望めます。

 

母親も外で働く家庭が増大し、定期的にバランスの取れた食事を供給する事が容易にはいかないご時世になっています。

 

たまには食生活が乱れる事もあるでしょう。

 

そのような事例に、足りない栄養素をバックアップするのが身長アップサプリには望めます。

 

身長アップサプリメントは、あくまでも「補助する」ためのもので、これだけで栄養を完璧に摂取する事はできません。

 

定期的に偏った食生活をしていると、身長アップサプリも全く影響は望めないんです。

 

食事や学習だけでなく、外で遊び回り、睡眠や休息を十分に取る事で背が伸びる環境は整います。

 

身長アップサプリメントはそれをアフターケアする役目を果たすでしょう。

 

身長アップサプリメントのランキングはコチラ