納豆を食べて身長を伸ばす方法

納豆が定期的に食卓に上がる家庭も多いですよね。

 

納豆は、何気なく食べている食品ですが、身長を伸ばすのに有効な食品ではないかという声もあります。

 

自分の手の届く範囲の納豆のような食べ物で背が伸びるなら、かなりハッピーなですね。

 

納豆に現実に身長を伸ばす効果が見込めるのでしょうか。

 

推奨の量や食べ方、納豆より身長を伸ばす影響のあるテクニックがあるかをご解説します。

 

 

納豆の身長急上昇に役立つ栄養素

納豆の原料は大豆です。

 

大豆は「畑の肉」と呼ばれるほど栄養価が高く、和食には欠かせない食料品です。

 

大豆は、茹でただけのものはお腹にガスが溜まりやすく、多く食べる事ができません。
(枝豆は未熟な大豆なので、茹でただけでも美味しく食べられます)

 

それにより欧米では大豆を人間が食べる習性がなかった豆でした。

 

大豆も加工する事で、パフォーマンスよく消化しやすくなります。

 

豆腐や納豆もその中で生まれました。

 

納豆は、蒸して柔らかくした大豆に、納豆菌を吹き付けて発酵させたものです。

 

納豆の1パックはおおよそ30〜60gほど。

 

一般的なパック納豆(45g)の栄養価は、以下の通りです。

 

タンパク質 7.5g
マグネシウム 45mg
カルシウム 40mg
鉄分 1.5mg
ビタミンE 0.5mg
亜鉛 0.95mg

 

ほかにも納豆にはビタミンB2、B6、ビタミンK2、カリウム、食物繊維なども含みます。

 

納豆には意外なほど多くのカルシウムを含んでいる事が理解いただけます。

 

牛乳は100gあたり113mgのカルシウムを含みますが、納豆は100gあたり約80mg、牛乳に迫る勢いです。

 

マグネシウムは、骨にカルシウムを付けるのをすり合わせする働きがあります。

 

マグネシウムという管理者がいて、健康的な骨が作られます。

 

鉄分は血液に内蔵される赤血球に豊富に内蔵されています。

 

酸素や栄養を体の隅々まで運ぶために、鉄分が欠かせません。

 

鉄分は、背を伸ばす作用の大本をフォローする栄養素でもあります。

 

亜鉛は色々な作用がありますがホルモン生成にも関わり、背を伸ばす方面にも貢献します。

 

タンパク質(アミノ酸)は、諸々な種類があります。

 

納豆にはアルギニンというアミノ酸が豊富に内蔵されています。

 

アルギニンは血中の一酸化窒素(NO)を増やす働きがあります。

 

アルギニンには吸い込むと危ない一酸化窒素ですが、血中で増えると血管を広げ、血流が良くなる成果があります。

 

またアルギニンには、成長ホルモンの分泌を促す影響もあります。

 

アルギニンは成長を伸ばすのにとても影響的です。

 

アルギニンは、大豆製品に多く内蔵されます。

 

納豆だけでなく豆腐、厚揚げ、味噌、醤油など余すところなく食べてアルギニンを摂取しましょう。

 

骨を用意するための資材(タンパク質、カルシウムなど)、人材(各種ビタミン、ミネラル)という点では、納豆は牛乳にも劣らない含有量です。

 

納豆が牛乳より優れている点は、大いに消化吸収しやすいところです。

 

牛乳もわりと吸収しやすい特性はありますが、納豆は納豆菌の力で分解され、なお消化しやすい食品です。

 

牛乳が消化できない、乳糖不活性の体質の方でも納豆なら問題なく食べられるでしょう。

 

加えて、納豆には納豆菌の作用でビタミンK2という栄養素を豊富に含みます。

 

ビタミンK2は骨からカルシウムを血中に溶け出すのを防ぐ働きがあります。

 

カルシウムは骨を完成させるだけでなく、筋肉の動きなど諸々な使い道に活用されます。

 

骨は巨大なカルシウム貯蔵庫の役目もあるのです。

 

血中のカルシウム濃度が下がると、骨からカルシウムを補充します。

 

これがあまりにも続くと骨がスカスカになり骨折しやすくなります。

 

伸びた骨が折れたら一大事です。

 

納豆には骨を頑丈にし、骨折を防ぐ成果も見込めるんです。

 

 

身長を伸ばすための納豆の1日の判断基準は1パック

納豆は大いに優れた食品で、更に安価です。

 

納豆の名産地の茨城県をはじめ、関東より北では特に好んで食べられます。

 

かつては関西ではあまり好まれない食品でしたが、匂わない納豆という画期的なアイテムが製作されて、徐々に定着しつつあります。

 

それ故、納豆の1日の指標は各家庭のお好きな量次第になります。

 

ですが、これまで定期的に食べる習性がない方なら1日1パック(50g前後)がお勧めです。

 

納豆1パックだけでは、正直なところ栄養価としては足りません。

 

けれども納豆だけでなく、多彩な食品からムラなく栄養を摂取する事が体に良いのです。

 

諸々な「背を伸ばす食品」の一つに、納豆を添えてみましょう。

 

可能なだけ、ビタミンCを含む食品(野菜、果物)とともに納豆を食べましょう。

 

ビタミンCは吸収したタンパク質を骨に変える手助けをするので、身長を伸ばすのには欠かせません。

 

刻んだネギを納豆に加えるのは、ビタミンC摂取という意味合いでも合理的な食べ方です。

 

人によって嗜好は分かれますが、納豆に絞ったレモン果汁をかけて食べると、臭みが気にならなくなります。

 

納豆の味わいや匂いはメーカーによって大きく異なります。

 

味わい深さ、美味しさを求めるなら水戸納豆がお勧めです。

 

ひき割り納豆もありますが、普通の納豆のほうが食物繊維が豊富だと言われています。

 

 

納豆を食べ過ぎて起こる副作用

納豆は大豆が原料です。

 

大豆は過食すると色々な悪影響を起こす事が知られています。

 

納豆など大豆製品を食べ過ぎると大豆イソフラボンの作用で女性ホルモン過多になり、背が伸びにくくなる悪影響が示唆されています。

 

イソフラボンは色々な効能が謳われる有効成分ですが、もとは植物が生み出した毒です。

 

イソフラボンは、女性ホルモンのような物質を生み出す事で食べた草食動物の雄をメス化させ、性欲を減退させる作用があります。

 

イソフラボンにより、草食動物の雄の性欲が減退すれば総体数も減るので、時間をかけた天敵対策になります。

 

我が子の身長が伸びる時分は、第二次成長期に差し掛かるポイントでもあります。

 

男の子も女の子も、大豆製品の過剰摂取は大豆エストロゲンの悪影響を受けるおそれがあるので、ほどほどの量を守りましょう。

 

女性ホルモンは身長を止める作用があると言われています。

 

ただ、1日納豆6パック以上を長期間、定期的に食べ続けてついに悪影響が出るか出ないか、という話なので、過度に恐れる事はないのです。

 

男性も女性もふんだんの豆乳と納豆を朝ご飯に定期的に食べている台湾ですら、病的な著しい少子化という報告は聞いた事がないのです。

 

常識的な範囲内なら問題ないので、定期的に適量の範囲で納豆を美味しく頂きましょう。

 

健康な子なら問題ないのですが、心臓疾患や血管に問題がある子は納豆の過剰摂取は控えましょう。

 

納豆に配合されているナットウキナーゼの血液をさらさらにする作用が強くなりすぎて、血が止まらなくなるおそれがあります。

 

ナットウキナーゼも多量に摂取しなければ問題ないと言われていますが、主治医に確認した上で決断しましょう。

 

 

納豆だけでなく、身長アップサプリメントも推奨

納豆は身長を伸ばす、という点でも非常に優れた食品です。

 

ただし納豆は身長を伸ばす万能薬ではないのです。

 

必然的に納豆だけではビタミンCが足りないので、それは他のものから摂取しないといけません。

 

気を付けていても、今現在は食事からの栄養バランスが崩れがちになります。

 

それを補うために、身長アップサプリメントがイチ押しです。

 

身長アップサプリメントなら色々な栄養素がバランスよく配合されています。

 

食事で足りない栄養素は身長アップサプリメントで補充、というのはとても合理的な見解です。

 

ただし身長アップサプリメントは「補助する」というニュアンスなので、これさえ飲めば背がどんどん伸びるわけではないのです。

 

食生活だけでなく睡眠などの普段暮らしをびしっと送る事が、身長を伸ばす原動力になります。

 

身長アップサプリメントに依存せず、お手伝いしてもらうつもりの感覚で接する事が大事です。

 

身長アップサプリメントのランキングはコチラ