牛乳で身長を伸ばす方法

昭和のご時世には「牛乳を飲めば背が伸びる」ともてはやされ、給食にももちろんのように牛乳が定期的出ていました。

 

現在では考慮しられない事ですが、嫌がる子に無理矢理、牛乳を飲ませるのも教育の一環というご時世でした。

 

牛乳はカルシウムやタンパク質が豊富で、身長急上昇に必須な骨の形成に役立つのは間違いないのです。

 

アレルギーでなければ、牛乳は特に身長が伸びる成長期は程よくに摂取やりたい食品です。

 

けれども、「牛乳さえ飲めば背が伸びる」というのは、決して正しくないのです。

 

定期的1リットルも牛乳を飲んでいたのに身長が伸びなかった、というのはよく聞く話です。

 

なぜ牛乳だけでは身長が伸びにくいのでしょうか?この投稿で、牛乳が身長膨れ上がるに影響的な訳と、1日のベストチョイス摂取量、牛乳を飲むよりも成果的な身長を伸ばす手法を解説していきます。

 

 

牛乳を飲んでも身長が伸びるわけではない

牛乳はカルシウムやタンパク質、亜鉛などが豊富です。

 

子牛をランクアップさせる栄養素がたくさん内蔵された牛乳は、人間にとっても栄養価が高い結構食品です。

 

牧草地が広がるヨーロッパでは伝統的に牛乳が役立つされています。

 

けれども、牛乳は「子牛のための栄養源」であり、人の向上のために分泌されるものではないのです。

 

だから牛乳を飲んでも背がレベルアップするとは限定しないのです。

 

カルシウム自体には、身長を伸ばす影響はないのです。

 

骨はタンパク質を土台にして伸びる習性があります。

 

この仮の土台にカルシウムやリンなど固い物質が組み合わせし、「骨」が形成されます。

 

カルシウムは、骨を頑丈にする増強材です。

 

固くしなやかな骨を形成するためには欠かせませんが、カルシウムは断っておきますが「増強材」です。

 

資材はあるのに、肝心の人手がなければ何も用意する事はできません。

 

カルシウムばかり補給しても資材が積み上がるだけで、直接骨を伸ばす事には繋がりません。

 

栄養が骨になるためには、1、摂取した栄養が体内に吸収される(大抵小腸で)2、摂取した栄養素をもとに、タンパク質を生成する3、骨に作用し、形作るの3段階の行程があります。

 

骨の形成に不可欠なカルシウムや銅、マンガン、鉄などは体に吸収されにくい特性があります。

 

カルシウムの吸収を促進するビタミンD、鉄の吸収を助けるビタミンCなど、各種ビタミンの力を借りる事でパフォーマンス的に吸収できます。

 

2の「摂取した栄養素をもとに、タンパク質を生成する」を行うには銅、マンガン、ビタミンC、亜鉛などの働きが欠かせません。

 

タンパク質は直接吸収される事は少なく、これらの栄養素をもとに体内で生成されます。

 

ようやく下拵えが整ったところで、ついに3の「骨に作用し、形作る」の行程に入ります。

 

亜鉛の作用で骨の形成が促され、骨作りは始まります。

 

ビタミンB12とビタミンB6はタンパク質同士をくっつける作用があり、丈夫な土台を形成します。

 

ビタミンKがカルシウムに作用し、骨の土台に付着する手助けをします。

 

カルシウムやリンはただ付着すれば良いものではなく、程よくな剛性を形成する必須があります。

 

そのすり合わせを担うのがマグネシウムです。

 

「骨を伸ばす」ためには、最低限これだけの栄養素が不可欠です。

 

牛乳は栄養価は高いものの、これだけ豊富な栄養素は十分に含んでいません。

 

これらの、牛乳に足りないビタミンやミネラルなどの栄養素は海草(特にマグネシウムは、あおさのりに多々ある)や大豆製品、青菜などに多く内蔵されています。

 

可能なら我が子のころから和食中心+おやつに牛乳の食生活を送るのが目指す形です。

 

牛乳だけでは伸びる大きく上乗せの影響は質問ですが、牛乳は息子にとって良い栄養食品です。

 

牛乳を飲んでもおなかを壊さない子なら、1日コップ1杯程度を飲むと良いでしょう。

 

ただ、無すり合わせの牛乳は脂肪分も多く、お腹が膨れやすい欠点もあります。

 

他の食事が入らなくなったら向上の妨げになるので、「自身に合う量」を見極めましょう。

 

 

身長を伸ばすために牛乳は1日どれくらい飲めばいいのか?

厚生労働省の見解では、1日のカルシウム摂取量は男性10?11歳で700mg、12?14歳で1000mg、15?29歳で800mgをお薦めしています。

 

女子は若干控えめで10?11歳で600mg、12?14歳で650mg、15?69歳まで600mgほどカルシウムを摂取するのをお薦めしています。

 

男性、女子どっちも17歳までは摂取上限量はないのですが、カルシウムのサプリメントなどを過度に摂取するのは避けましょう。

 

牛乳は200mgあたり227mgほどのカルシウムが内蔵されています。

 

牛乳だけで1日分のカルシウムを賄うなら、男性なら3?6杯ほど、女子は2杯半?3杯強ほど飲む必須があります。

 

牛乳は乳糖や脂肪分も多々あるため、牛乳だけで摂取するのはあまりお勧めできません。

 

小魚など、他の食品からも積極的にカルシウムを取り込みましょう。

 

豆腐などの大豆製品にも、ことのほか多くのカルシウムが内蔵されています。

 

 

牛乳を飲み過ぎるのは体に害もある

牛乳は美味しく栄養価に優れていますが、飲み過ぎるのは良くないのです。

 

牛乳には脂肪分が多く、飲み過ぎると肥満のもとになります。

 

肥満になると成長ホルモンの分泌が阻害されるため、太るだけでなく身長膨れ上がるの妨げになります。

 

その上、牛乳には女ホルモンが豊富に内蔵されています。

 

これは、おおよその乳牛が懐妊中のためです。

 

乳牛はいつも懐妊し続け、アダルトになればほぼ死ぬまで分娩を繰り返します。

 

それ故、牛乳の中にも女ホルモンが混入します。

 

女子ホルモンはレベルアップを妨げる作用があります。

 

女が男性より背が低いのも女子ホルモンが影響していると言われています。

 

女子は青年期に入るとあまり身長が発展しない性質があるのも、盛んに分泌される女子ホルモンが影響しています。

 

「牛乳を飲むとお腹を下す」事はあるでしょうか?日本人は牛乳の乳糖を消化できない方が多く、牛乳を消化できない事があります。

 

それにより牛乳で下痢を起こす事は滅多にないのです。

 

これは牛乳を口にした成り立ちが浅い事も関連していると言われています。

 

多くの日本人は伝統的に牛乳を飲む習性がなく、初めて乳製品を口にしたのは明治ご時世ごろです。

 

名高いな鳩の形のサブレーは明治生まれですが、乳製品(バター)に慣れていないその頃の人々には相当受け入れられず、苦労の連続だったと言われています。

 

数千年刻みで牛乳や乳製品を食べている民族は消化できますが、日本人はまだ乳糖を消化できない人が多々あるのです。

 

牛乳はチーズやヨーグルトに加工すると乳糖が分解され、消化しやすくなります。

 

牛乳を飲んで下痢をする方は、チーズやヨーグルトなどの加工品で摂取すると良いでしょう。

 

「牛乳を飲むと骨が脆くなる」にわかに信じがたいこの話は2005年ごろから広まりました。

 

牛乳をよく摂取するはずの北欧の人々に、なぜか骨そしょう症が多々ある性質があります。

 

何故カルシウム豊富なはずの牛乳を飲んで、骨が脆くなるのでしょうか。

 

牛乳を飲み過ぎると、体内が酸性に傾くと言われています。

 

体内は弱アルカリ性が正常なステータスなので、体内が酸性に傾くのは異常事態です。

 

体は弱アルカリ性に戻すために、体内にあるアルカリ性物質を溶かして中和します。

 

この中和材がカルシウムです。

 

骨はカルシウムで増強していますが、カルシウム貯蔵庫としての役目も果たします。

 

カルシウムは筋肉の収縮をスムーズに行う作用など、骨の増強以外にも他にも大事な役目がいろいろあります。

 

カルシウムが生成され、増強されるスピードより、酸性に傾き体内に排出されるスピードのほうが早いと、骨がスカスカになります。

 

(これを「脱灰」だっかい と言います)体内が酸性に傾きやすい食品に、肉や卵など動物性食品があります。

 

反対に、アルカリ性に傾けるとされる食品もあります。

 

野菜や海草、梅干しなどです。

 

梅干しは強い酸性ですが、なぜか体内ではアルカリ性に傾くと言われています。

 

北欧は野菜の値段が高く、得心に新鮮なものが取得できないご時世が長い間続きました。

 

それ故脱灰が進みやすかったと推測されます。

 

肉ばかり食べないで、野菜を充分に食べなさいという趣旨は、健康維持だけでなく脱灰防止の成果もあるのかもしれません。

 

「牛乳アレルギーを引き起こす?」牛乳はアレルギーを起こしやすい食品の一つです。

 

なぜ牛乳はアレルギーを起こしやすいのでしょうか。

 

それは牛乳のタンパク質、カゼインが小さな粒子だからです。

 

カゼインが小腸から取り込まれる事例、小腸の働きが落ちているとカゼインはデフォルト腸をすり抜けて血管に入る事があります。

 

血管に常駐する白血球がカゼインを異物と決断し、攻撃します。

 

こうして牛乳アレルギーが生じてすると言われています。

 

健康状態が優れない事例は、乳製品の摂取は控えましょう。

 

理不尽に飲んで良い事は何もないのです。

 

 

身長を伸ばすには、牛乳だけでなく身長アップサプリやヨガによる骨盤矯正がイチ押し

やはり身長が伸びても、猫背であまりかっこ良くない人は少なくないのです。

 

たとえ身長が伸びても姿勢が悪ければ、外見の感触は良くないでしょう。

 

姿勢矯正のスタートは、骨盤矯正です。

 

骨盤矯正は整体などでも行えますが、これだけでは一時的な骨盤矯正成果で終わります。

 

何とぞヨガで骨盤周辺を鍛えましょう。

 

自ら骨盤を保護する体力が付けば、いつもピンと姿勢を伸ばす事ができ、背も伸びます。

 

ヨガでもっとも優先されるのは骨盤底筋付近です。

 

骨盤底筋とは、骨盤を下からサポートする筋肉で、ここを強化すると姿勢が良くなり、O脚やX脚が改善され、身長が伸びる成果があります。

 

ヨガ教室に通うのが良いですが、時がなければ身長大きく上乗せ教材で学ぶのも成果的です。

 

床や畳に大きなバスタオル1枚敷いて骨盤矯正のヨガを行いましょう。

 

身長急上昇に関わる栄養素は大いに多く、献立を定期的思案するのは以外と大変です。

 

その上今の時代は野菜や海草類などが以前に比較し、栄養素が減っているという話もあります。

 

畑の土壌のミネラルが減ったり、加工技術が移り変わりした事が、野菜の栄養素が落ちたきっかけだと言われています。

 

十分に栄養を摂取したつもりでも、その実栄養不足だったという見込みは否めません。

 

成長期なら、身長アップサプリメントも身長膨れ上がる影響が望みできます。

 

身長アップサプリで不足しがちな栄養を補う事で、限りある発展急上昇の期間に身長が伸びる影響が望みできます。

 

身長を伸ばすには、暮らし習性も大事です。

 

成長ホルモンは就寝時に分泌されます。

 

お腹がからっぽの様子で、可能なら22時ごろまでには寝る習性を付けましょう。

 

夜更かしはできるだけ避けて、昼に遊び夜に寝る健全な暮らしを送るのが目指す形です。

 

お腹いっぱいで眠ると血糖値が上がったままになり、成長ホルモンの分泌を障害します。

 

夜食は極力控えましょう。